中学生クラス、ECCと塾の違い

今回は中学生になったら、英語はECCなのか、塾にいくべきか


そんな疑問に少しお答えできるかも知れないと思い


最近の実例にて、紹介をしていきたいと思います。


ECCと大手M塾の普通クラスさんとの違いでわかったことに限りますので


他塾さんや他クラスさんの相対的な比較ではない点をご了承ください。



では、どうぞ!




大手M塾に通う中3の外部生の生徒さんが、英検直前対策コースを受けに


来ていた時のこと。


問題を解いていく様子から、「おや??」と


思う事がありました。


「リスニングをあまりしてこなかったのかな。。。。?」と。



そこで思い当たる節があり、別の生徒ちゃんで小学生の頃は


当教室の会話クラスを受講して、中学から同じく大手M塾に通い始め、


英検クラスは当教室に来てくれている中2の生徒ちゃんに


塾の教材を見せてもらうことにしました。



「リスニングがほとんど無い・・・・!!」 衝撃でした!!



クラスや塾によって違いはあるかもしれませんが、


その大手塾の普通クラスさんと比較すると


ECCのリスニング量は宿題を含めると塾の5倍は軽く超えると思います。


文法問題の量は大手塾さんは多いですが、英語を口にする機会がほとんどない。


ECCは書く文法問題数はM塾さんより少し少ないですが、復習で口頭練習問題


を入れると量にさほど違いはなく、長文問題はECCの方が多く、難易度が高い


語彙もECCが先に進んでいるのも分かりました。




思い当たる節、、、というのは的中でした。


というのも、同時期にECCに入って、中学から塾に行った生徒ちゃんと、


ECCに残った生徒ちゃんとのリスニングの差が1年3ヶ月の間に


少し出てきているように思ったからなのです。


それならばリスニングの対策をしてもらおう!というのが目的で


教材を見せてもらい確かめたのです。


塾生である生徒さん達にはリスニング対策を伝えています(^^)



いかがでしたか?


もちろんクラスが変われば状況も違うかも知れません。


ただ、学校でもリスニングの量は少ないと思うので


リスニングが足りない場合は、ぜひリスニングを取り入れてみてください!



英検の級が上がるごとに量の差は如実に出てきちゃうので


リスニングの習慣、つけて欲しいなぁ〜!!と思います。


そして英語も口にして欲しい!言えない音は聞き取れないのです。


英語を口にし英作することで、会話の瞬発力も上がります(英検面接時に有利)



実用的な場面で言うと、会話のやり取りは聞くスキルがあると


相槌程度でも成り立ちますが、話せても聞けないと成り立ちません(実体験)


テストのことで言えば、大学共通テストの出題内容を見ても


リスニングスキルが必要であることがわかります。(先の話ですが・・)



リスニング➕音読  ← 英語上達のコツですよ!




最後は余談ですが当教室の中学生のお話を。。。。


ECC生は中1から今まで、学校のテストは


全員平均90点以上とっています。


みんなよく頑張るんですよ〜!


今回、中2生、英検4級も満点合格できました💮


秋には、英検の準2と3級を受験予定の中2生徒ちゃん達もいます。


目標に向かっているモチベーションの高さもさることながら


みんな楽しみながら英語を頑張っているので、クラスの雰囲気が良い!!


という教室自慢で締めくくらせて頂きたいと思います(^人^)




ここまでのご精読をありがとうございました!!









注目記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ