トレーナー挨拶

こんにちは!講師の後藤です

私は R&B,Blues,Funk,Gospel,Pops等 50年代~70年代の

ブラックミュージックを中心に歌い、ライブ活動をしています

ボーカルを始めて20数年、初めてボイストレーニングを受けてから12年

ボーカリストとして回り道とも思えた過程が

今はボイストレーナーとしての自分を支える経験に変わり

レッスンをやり始めてから8年目を迎えます

12年前 自己流で歌っていた歌に限界を感じてた頃

「間違った練習を重ねても、悪い癖がつくだけ。

      正しい練習であれば、かならず体は応えてくれる」 

私がボイストレーニングをやるきっかけとなった言葉、今でも真理だなぁと心に留めています

ボイストレーニングで変わってゆく速度は穏やかです

でも、壁にぶち当たっていた私にとっては

練習をすれば少しずつでも変ってゆく実感が喜びでした

ボイストレーニングは旅です

目的地にたどり着いて旅を終える人

半ばで方向転換する人

目的地がいつの間にか通過点になる人

私の場合、音楽もボイストレーニングも終わりなき旅だと思っています

地図の歩き方がある程度分かってくると、新しい地をめざして旅立つ そして見慣れたと思った風景に戻った時、実はまだ発見に溢れている事に気付かされる

飽きるどころか、音楽の奥深さにどんどん心を持っていかれる旅です 

さて、ボイストレーニングとはなんでしょう

1:響いた良い声を知る (フォーム、音、感覚から手掛かりを得る)

2:良い声を安定して出す (音階の中で良い声を使う)

3:良い声で歌を歌う  →  音を消化して表現として音を出す 

ざっくりと言うと声に関しては、この3ステップの行き来で学んでいきます

声そのものが響きを生んでいても、リズムや音程が悪いと心地よい音楽にはならないので

リズム、音程も、トレーニングで精度を上げて行きます

英語も必要に応じてやります

以上

書くとスッキリしてますが(笑  

ここには飽きることのないドラマがいっぱい詰まっています

あなた自身が感じている音楽を、表現する為に始めたトレーニングで

思いを実現させてゆくこと、トレーニングをする事で音楽を捉えるチカラ(聴くチカラ)が変わり

音楽がより豊かさをもたらして、それがまた歌に繋がることを願っています

注目記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグで検索
まだタグはありません。
フォロー
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square